FC2ブログ

簡単3D部屋作成ソフト

たまたま知ったフリーソフト
Sweet Home 3D
http://www.sweethome3d.com/ja/download.jsp



3Dで部屋を作り、そこに家具を配置して、3DCGや動画を作成できる。

使い方がとても簡単で直感的だった。
まったく説明も読まず適当にいじってあっと言う間にこの程度出来た。

sroom04.jpg



基本、右上の図面にマウスで線を引いて床を作り、後は左の家具リストから好きな家具を図面にドラッグして配置していくだけ。
右下のプレビュー画面で視点やズームの変更などする。

イメージ121-2


家具や床などダブルクリックで出るコマンドから色や材質などの変更が可能。

最期にコマンドから画像や動画を生成。

画像は用途に応じサイズや綺麗さの調整も出来る。



背景画像を作るのに良いかも。
スポンサーサイト



3D粘土(彫刻)、Sculptris

コミpoでちょこちょこ作っている「うろ覚えデビルマン」だが、とうとう、モデリングをせざるを得ない場面になってきた。

次のシーンは飛鳥親父が発掘した「デーモンのマスク」が出てくる予定だが、代用できる物はコミpoには入ってない。

コミpoが取り込める3Dデータ形式はメタセコイア形式と.OBJ。
メタセコイアはフリー版があるので落としてみたが、使い方が分からず。
数分で挫折。
この為に一から習得するのも時間的コストがね…

もっと簡単な物を探し見つけた、OBJで出力出来るモデラーSculptris
http://oakcorp.net/zbrush/sculptris/index.php
を試してみた。

全く、ヘルプやネット情報を見ずに感覚だけで15分いじって以下の形状が出来た。
確かに簡単そう。
nendo

ただ、これをOBJで出して、コミpoで取り込もうとしたらエラーで失敗。
ポリゴン数が多いだか、データが大きいだか。
この辺りは明日にでもまた調べるか…

Androidアプリ OS、端末の性能差の問題

取り組んでいるandroidのアプリ開発で、タブレットで上手くいって携帯で上手くいかなった問題は
何とか乗り越えた。

原因は、テクスチャーのサイズだった。
まず、Android 3.2のタブレットでは、テクスチャーの縦横比が適当でも問題が無かった。
これを正確な縦横比にした所、Android2.2の携帯でも上手くテクスチャーが表示された。

また、激しく動くキャラクター等のテクスチャーでは、処理能力の関係だと思うが、画像のデータサイズを抑える事で、携帯でも上手く表示された。
携帯でもギャラクシーとHTC Desireでは処理能力にまた差があるようで、Desireでは大丈夫なデータサイズでも、ギャラクシーでは画像が欠けたりしてしまった。

機材がこれしかないので、これ以上のテストは出来ないが、おそらくもっと前の世代の端末ではこのアプリは使えないかも知れない。
ある程度で切り捨てるしか無い。

インディーズゲーム

通っている職業訓練施設では、現在3月末の卒業制作発表に向け、既に講義などは無く、各々が自分の作品作りに取り組んでいる。

朝、スクールに到着すると、花粉症の薬を飲みながら、ネットでニュースなどチェックした。

「Androidはもうからない」――人気ゲームメーカーが開発終了を発表と言う記事を見た。

今まさに自分が卒業制作で直面していた問題であり、非常に実感を伴って理解できた記事だった。


自分の作ったアプリは自分のタブレットでは動くのに、スクールの携帯端末上では不完全で、どこが悪いのか途方にくれていた所だった。


アップル勢は、一つのOSに対する機種のバリエーションが極少数。
iphone、ipad、ipodタッチくらいしかない。
androidは端末がメーカーの数あり、OSのバージョンもばらつきがありまくる。

パソコンに例えればマックとWindowsのような物か。

マックはアップル一社しか出さないが、Windowsはメーカーの数程機種がある。
初めは、それゆえに、いずれはAndroidが席巻するものと思っていた。
Windowsのように。


実際そうなるのかもしれないが、そうなると、「アプリ」の意味合いが、IOSとAndroidで全く異なってくる。

IOSでのアプリはゲーム機のソフトのように、「あれもうやった?面白いよ。」とユーザー同士語れるのに対し、Androidはそう言う会話になり難いのかも知れない。

その例えで言えば、パソコンのソフトに近い。「あれもうやった?面白いよ。」「俺のマシン非力で動かないし…」等。


ついついIOSの対抗馬として考えてしまうが、似ていて非なる物、別物と考えたほうが良いのかも知れない。


作業が捗らないので、お助け情報を求め、ネットをさまよっていたら、「インディーズゲーム」と言うものを知る。
http://www.playism.jp/


まず目に止まったのは「マシナリウム」
http://www.playism.jp/games/machinarium/
美しく、センスが良い。

昔はゲーム好きだったが、年を取るにつれゲーム機を出して、ソフトをセットして…と言う作業すら面倒になって、最近はすっかりゲームから離れていた。
しかし、playismで紹介されているソフトにはマシナリウムをはじめ、いくつかやりたくなるような物があった。

Androidの件もあり、拘らず、こう言ったインディーズソフト等、色々と活動の場は広く視野に入れておこうと思った。
プロフィール

morning☆star

Author:morning☆star
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR