FC2ブログ

迷惑施設をどうする


ペット火葬場のネタつながりで、何となくタイムリーだと思った話題。


ここ数日、ニュースで話題の茨城県高萩市の、放射性廃棄物処分場の話。
http://news.livedoor.com/article/detail/7009734/

いわゆる迷惑施設という点で共通点を感じた。



ニュースで市長の言い分を聞く限りは、その良し悪しは別に、とりあえず環境省の事の進め方はまずかったと思えた。
普通の感覚で考えれば、前日や当日にいきなり「お宅の市が放射性廃棄物の最終処分場に決定しました」と言われて「はいそうですか」と行くとは思えないのだが…
反発を受けることは想定していなかったのだろうか?
その想定があれば、せめてもう少し根回しだとか、やり方はあったんじゃないかと思う。


だが、進め方の良し悪しはあっても、そもそも放射性廃棄物処分場など喜んで引き受ける所は無いだろう。
難しい、政治的コストのかかる話だと思う。
しかし、何処かが引き受けなくてはならない物でもある。


この茨城のニュースは、発電所から出る廃棄物では無く、各県で出たゴミの焼却灰などで基準値を超えている物に関してなので、どの県でも起こり得る話。


そう言えば一年位前、「焼却施設でとりあえず保管してるけど、もう満杯になる」と言ったニュースをちょくちょく見た覚えがある。
1年前の記事がまだ残っていた。
http://www.chibanippo.co.jp/news/chiba/local_kiji.php?i=nesp1316225662

その後今回まで一向にニュース等で目にしなかったが、ちょっと調べてみたら、例えば千葉県は期限のある仮処分場に置く事にしていたらしい。
サラッと決まったのか全然知らなかった。
しかし、結局先送りにして誤魔化してる、凌いでいるだけと言える。


そして「もうすぐ満杯」と言う話も現在進行形で進んでいるようだ。
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2012/10/post_5205.html

いまだにノープランで時間ばかり経ち、ジワジワ追い詰められて行っているように見える。


どうする?

どうなる?



しかも割とレベルの低い焼却灰ですらこうなのだから、高レベル廃棄物などどうなるのか…


非常にやっかいな仕事だと思う。


こんな話を考慮しても、まだ原発が得か?




スポンサーサイト



断層ずれても運転可能に

http://www.47news.jp/47topics/e/233990.php



内容もふざけているが、そもそも、役に立ってなかった事が明らかな、信用度ゼロの保安院がいつまでのさばってるんだ?

アレコレ決める権限がいまだにあるのが不可解。

まずは組織の浄化が先だろうがっ…!

夏休みの宿題は最終日にやるタイプだった


政府が何かの政策に対する意見を求めるパブリックコメントと言うものがあるそうな。


2030年の原発比率をどうするかと言う事も求めていたのだが、締め切りが8/12の18時までだった。

知ったのが8/11の寝る前と言う事もあったが、元来、夏休みの宿題は最終日あるいは9月になってから提出日直前にやるようなタイプである自分が投稿しようと書きだしたのが17時くらい。

17:58位に書き上げて、送信ボタンを押したがブラウザのエラーか送信エラーかで失敗し、もたついているうちに18時を過ぎてタイムエラーになってしまった。

大変グダグダである。

子供の頃に宿題は早めにやる習慣を付けておかないと、大人になってからこうなる。


と言うことで、送ろうとしていた事をせめてここに記しておくことにする。


何点かあるが、大体既に今までチョコチョコ書いて来た事と被る。

1.安全保障上の欠点
2.地球温暖化への効果の疑問
3.放射性廃棄物の問題
4.組織や構造の腐敗から来る不信
5.福島事故以前の原発依存率(26%)を考えると、削減や代替が無理な数字とは思えない点
等。

後は、今まであまりネタにしていない分としては…

福島事故で、原発がトラブれば大ダメージ、大混乱が生じる事は良く分かった。
その為、テロ、戦闘時の攻撃対象となる可能性が高いと考えられるので、以前「今後は強固な警備が必要」といった事は書いたが、その後実は「原子力関連施設警戒隊」と言う警察の特殊部隊がある事を知った。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E9%96%A2%E9%80%A3%E6%96%BD%E8%A8%AD%E8%AD%A6%E6%88%92%E9%9A%8A
確か911の影響から設立されたと何処かで読んだ。

しかし、Wikiにも挙げられているように、福島第二に右翼の街宣車の侵入を許し、何も出来なかったと言う事例や、以前にも「タケノコ刈りか何かの民間人がサクを乗り越えじっくりタケノコを取って帰って行った事が後になって分かった」なんて話も聞いたことある。

要するに甘い、隙だらけ、まともに機能しているとは思えない。
大層な装備と精鋭を使っているのに。


また、これを警戒隊に求めるのは違うかも知れないが、以前にもネタにしたように、作業員として内部にヤクザとか18に満たない少年とかが現実に入ってしまっている。

少なくとも警備はまだまだ全然足らない、甘い状況と言えるだろう。
よって大幅に強化する必要がある。

しかし、この原子力関連施設警戒隊、警察の部隊と言う事もあり、費用は全額税金。
恐らく電源のコスト計算の際も入っていないだろう。


政府の「2030年の原発比率」でも原発比率を下げると電気料金が上がります等と説明しているが、税金も含めたトータルコストで考えた時、原発が安いとはとうてい思えない。


原発の安全保障的リスク


例えばオイルショックや、太平洋戦争の様な、燃料の輸入に問題が生じる可能性と言うのは有り得る。

そういう意味で、今すぐ原発全"廃炉"は危険と言うのは分かる。
もしも突然一切の燃料輸入が絶たれた時、他の手が育っていない今、流石にどうしようもないだろう。



だが、そう言った話とは別に、「安全保障」でも、違う面の問題が原発にはある。


福島の事故でどれだけ、農業や漁業にダメージがあったのか。
どれだけの農地、漁場を失ったのか。
一人に○○万円x○○人=「被害総額」的に金銭で計算すると、製造業など大量の電気を必要とする立場から見たら、「それを補償するコストを入れても原発は尚安い、得だ」と言うかもしれない。(その辺りはどうせ税金だったりするし、ある人にとっては経済的なのだろう)


しかし、それを安全保障の別の面から見たらどうなるのか。


エネルギー自給率もだが、食料自給率の低さも良く問題にされる所。

あの事故ではそう言う食料自給に対してダメージがあった。

それは食料の輸入に問題が生じた時、命綱になるもの。

つまり、簡単に○円分と換算できない価値を失った。

今後も原発を抱えるならば、同様のリスクを抱えるという事。


まだ他の手がある電気と違って、海や土地に代替え出来るものはない。
それも一度失ったら、永遠に失われるかもしれない。



こうして究極の想定をして考えてみると、やはり原発はさほどメリットがないと思える。
原発もウランを輸入する必要があり、先日別のネタで書いた事だが、原発運用には結局燃料も付き物。

「安全保障」を強調する程、むしろ再生可能エネルギーの利点が増す。
例えば日本が持つ地熱発電の潜在能力は世界第三位だそうな。(狭い国土でありながら)
しかし実際には殆ど利用されていない。

安全保障、安全保障言って、そう言ったものを今までどうして来たのか…
オイルショックの後、そう言った物を育てていたら、今頃どうなっていたのか…


特にバイナリー発電と言う、水を沸かすのではなく、低温で沸騰する物、例えばアンモニア等を沸かす方法もあるそうな。
http://www.asahi.com/business/topics/economy/TKY201003070322.htmlこれであればボーリングする必要もない。
なんなら温泉でなくてもボイラー等熱源がある所ならどこでも良さそうに思える。
太陽"熱"と組み合わすのはどうだろうか…




また別の視点、以前も書いたと思うが、原発のような一極集中のシステムは万一問題が起きた時の被害(電力供給的)がかえって大きい。
大量生産する事のコスト的メリットはあるのだろうが、これも安全保障的に考えるとリスクとなる。

そう言う意味で言ってもやはり、あちこちで小規模に行える再生可能エネルギーに利点がある。





核の兵器転用について
先日、原子力基本法が改正された際に「安全保障」と言う言葉が出た時、兵器転用の事を考えているのではないか?と言った見方もあった。

基本的には穿った見方だと思った。
主に指す意味としては、やはりオイルショック等の問題を想定しているのだと思う。

しかし、NHK辺りでやっていた「原子力発電の辿ってきた道」的なドキュメンタリー番組で、かつての関係者もハッキリ言っ

ていたが、密かにではなく、当然のように兵器転用と言う考えを持っている政治家等は一定数いたとの事。

その人が言っていたのは、兵器の是非はともかく、「何があるかわからないので、オプションの1つとして可能性を持っておくのは悪いことじゃない」


一理あると思う。
例えば、原発事故だって確立で言えば大変低いとの事。
しかし、いくら低い確率でも、被害が甚大であれば、それを想定する必要はある。

同じように、第三次世界大戦だとか、核戦争の様な事が、今後絶対起きないとは言えない。
望む望まない、是非はともかく。


ただし、それを理由に原発を残す必要があるかと言うと、無いと思う。

既にプルトニウムはシコタマ持っている訳だし、オプションの1つとして可能性を残すと言うのであれば、研究機関か何かを残して置けば済む話だと思う。


地球温暖化について

原発の利点として良くあげられる、「CO2の排出が少ない」と言う話。
自分は眉唾ものだと思っている。



前にもチラッとネタにした「原発労働記」を読むと、温暖化とか言われてなかった30年前の時点でも、著者は、その当時言われていた原発の"石油を使わない"という利点に疑問を抱いていた。
http://www.amazon.co.jp/dp/4062770008


その理由
1.原発の点検や整備の際に使われる、雑巾や作業着と言った物は使った後、「放射性廃棄物」になるのだが、これは通常のゴミのようには扱えない。
そのまま保管するとカサが半端無くなるので、施設内で焼却して圧縮する。
つまりこの燃料消費と、CO2排出。

2.原発は人里離れた所にある為、作業員達は皆車で通勤してくる。
田舎なのに施設に入るための渋滞が出来る程だと言う。
これも同様に原発に付随する燃料消費と、CO2排出と言える。

原子力による発電そのものと直接は関係ないが、原発を動かす以上必ず発生する部分。



また、映画「ミツバチの羽音と地球の回転」だったと思うが、
http://888earth.net/888tv.html
この中で言われていた疑問点。

原発というのは大量の冷却水を必要とする。
その為日本の原発は全てが海沿いにある。

冷却に使った水はその後どうするのか?
海に戻すのだが、"冷却に使う"という事は、当然排出時は温水になっている。
つまり、大気中にCO2は出さなくても、温水を吐き出し続けると言う事。
CO2を減らす目的が地球温暖化対策としてであれば、無視して良い話ではない。


以上の点は「各電源のCO2排出量」等といった比較では触れられていないと思う。

「だから原発は地球温暖化に効果はない」等と言う気は無いが、少なくともどの電源にするのかと考える時、CO2云々を真剣に理由にあげるならば、この辺も数値化し合わせて比較しないとフェアでないと思う。

その辺をスルーしたままなら、所詮推進する為のまやかし、ただのキャッチコピーと思う。
まあ、実際そうだと思うけど。




オマケとして、そもそも、「地球温暖化」自体がどうなの?と言う話。

最近知ってビックリした。
氷河期が来るかもと言う話
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52081767.html

そもそも、地球レベルで言うと、今も氷河期の最中らしい。
南極北極に氷がある時代は氷河期なんだそうな。
そして、氷河期の中でも比較的温かい時代、間氷期と言うものがあって、今はその間氷期。
さらにその中でも寒くなったり暖かくなったりする。
で、最近太陽の様子がおかしくて、わりと寒い時期、小氷期が来るのではないかとの事。


なんだそりゃと思った。
今まで散々「地球温暖化」と煽っておいて...

何歳になっても知らないことばかり。




ついでにミツバチの羽音と地球の回転で使われてた曲がカッコ良かったのを思い出した。
http://www.youtube.com/watch?v=k15XLa3yAVk
プロフィール

morning☆star

Author:morning☆star
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR