FC2ブログ

ペット火葬場と僧侶の権威

ペット火葬場のそばを通った。

かなり前からある施設だが、付近にはいまだに「ペット火葬場反対」と言った看板があり、それが目に入った。


ペットを飼い、火葬場の世話になった事もある立場から言えば悲しい事。

一度こじれると、反対者も意地になって、もう説得は難しいのかもしれないが、理解の求め方はあったと思う。


そもそも何故反対するのか?
想像するに、死体を焼くとか、死がまつわる施設なので、気味が悪い、怖いと言う事ではないか?


しかし、そう言う霊的な話で言えば、むしろペット火葬場と言うのは良い場所、清浄な場所と考えられる。

第一に、虐待されたり殺されて、人間やこの世に恨みを持って死んだ動物はこういった場所には持ち込まれないだろうと言うこと。
わざわざ、お金を払って火葬される動物は、大事にされた、最期を看取られた動物であろう。
あの世があるかどうかは知らないが、成仏とか祟ると言う事がもしあるならば、そこに持ち込まれた動物は成仏する方だろう。

また持ち込んだ人間が抱く気持ちも感謝とか祈りであり、ネガティブな淀んだものでは無いだろうと思う。


生き物は必ず死ぬので、どこかがそう言ったものを引き受ける必要もある。
それを引き受けると言うのは、感謝されるような徳の高い事である。



と言うような説明の仕方を、例えば僧侶が初めにしていたら、住民の受け止め方も違ったのでは無いだろうかと思った。


人間の火葬場、墓もやはり嫌がられる物なのだろうか。

前に「坊主が権威になっている現状はどうか」と書いたが、死が恐れ忌み嫌われるからこそ、説得する為の権威が必要だったのかも知れないとも思った。

スポンサーサイト



きのこの世界02

先日のきのこ画像をコミpoに取り込み遊んでみた。


1.発生
sきのこの世界_001-1


2.翌日
sきのこの世界_002-1



神々しいVer
sきのこの世界_003-1

きのこの世界01

ゴーヤーのプランターに雨後の竹の子ならぬ、雨後のきのこが、ニョッキリ生えていた。
sIMG_5294.jpg

先日ベランダで加水の為にバケツでこねた、カブト飼育用の「きのこマット」から胞子でも飛んだのだろうか。


懐中電灯でライティングをしてみたら、なんだか神々しい感じに写った。
s神々きのこ01
携帯の待ち受けにして毎日拝むと、ご利益が有るとか無いとか。

郵便ポスト色々

チラシ投函をしつつ思ったこと。

ポストの形状は様々だが、縦型で上のフタを開けるタイプは構造が弱いと思われる。
あのタイプばかりフタの故障が目立つ。
ヒンジが片方壊れてたり。

また新聞一つが入っているだけで、後から入れにくい。
中に落ちた新聞が変に広がって邪魔になるからだ。

結局、昔ながらのオーソドックスタイプ、横型でフタもただの暖簾のようなパタパタしたタイプが詰まりにくいし、故障も少ないようだ。
郵便配達の経験もあるが、入れる側からしても入れやすい。

縦長で横から郵便物を入れるタイプに多いフタのバネが強いヤツ、グッと押して開いておかないと入れられないタイプは郵便時代も含め入れにくくて嫌だった。

安さの秘密


運送会社で荷降ろしや仕分けの仕事を短期でしているが、内情を知ると、ここに大事な物の配達を頼む気がしなくなる。
具体的にどこの会社と書かなくても、分かる人には分かるだろう。

とにかく荷物の扱いが荒い。

投げるように降ろしたり渡したり。
毎日のように何を割ったとか、梱包が破けたとか聞く。

また、一つ一つキチンと確認する暇など無く、ベルトコンベアから脱落しても中々気がつかなかったり。
あれでは紛失もおこるだろう。

事実、以前に客として荷物を失くされた経験がある。


しかし、あの仕事量を捌くには、あれ以上、丁寧には出来ないのも事実と感じる。

そうやって必死にやって、配達出発の時間にギリギリ等と言う事が毎日のよう。


他の面としては、働く人間の休憩時間もしばしば無いこと。
ちょっとでも暇になった瞬間に交代で行くような様なので、契約で引かれている休憩時間分も休憩に行けない事がざら。

そうした諸々の犠牲の上で安い運送料金があるのだと身をもって感じる。

これに限らず、安いと言うことには何かしらの理由があるものだと思う。
プロフィール

morning☆star

Author:morning☆star
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR