FC2ブログ

カブ幼虫、生存確認

2/11 生存確認



午後の暖かい時間帯に土換え。
案外手間取り30匹中、17匹まで作業完了、生存確認。
とりあえず開けたボトル全ての幼虫が元気だった。
死なせまくった去年とは大違い。

去年との違いは、一匹一ボトルの個室という事と、屋内保管という事、冬が本格的に来る前にかなり成長させていた事。

やはり越冬(冬眠)は体力をかなり消耗するのだろう。


他気が付いた点
ほぼ同じ土を使ってる筈なのに土の状態がかなり異なっていた。
ちょっとした密閉度や水分量の違いだろうか。

あるボトルの土はフンだけ除けば再利用出来る状態で、あるボトルは泥に近いような捨てるしかない状態だった。

またあるボトルではキノコバエが発生し、あるボトルにはほぼいない。
これは水分量が多い土ほど多い印象。

しかし土の状態もキノコバエの状態も、意外とカブ幼虫の状態とは関係無く感じた。
(土も悪く、キノコバエだらけでもカブ幼虫はデカかったり)

しかし管理し易さ、見栄えから言って土の状態も良く保ち、キノコバエの発生も抑えた方が良いだろう。
キノコバエのウジが隙間で蠢いていたり、死にまくって腐敗汁化してるとウンザリする。

多分、ベターな水分量は、土が水を含んで尚フワッとした感じの状態と思われる。
他、ビニールテープを使ってボトルに隙間も作らない様にしていたが、密閉しすぎ無い方が良いかも。(多少水分を飛ばす程度)
スポンサーサイト



カブト・ナンバリング・システム


カブ幼虫をペットボトル個室に入れまくったら「何を出荷する気だ」あるいは「何の儀式だ」と言う感じになった。

ズラリと並んだボトルを見ていると、たまに地表に出てきている個体が居る。
心配になるが、ネットで調べた感じでは、すぐ潜って行く様なら一時的なものであまり心配はいらないとのこと。
しかし、こう数が多いと、どれがどれだか分からない。

そこでボトルに数字をふってみた。
sIMG_5310.jpg

一郎、次郎、三郎…とつけていっても良かったが、数字の名前と言うのもSF的でカッコいいかも知れない。
とにかくこれで、個体識別が出来、異常行動が一時的なものかどうか判断が出来るようになった。

オスカブシス

オスカブ、死す。

近所の雑木林的公園に埋めに行ったら異常な程の蚊に襲われ蜂の巣にされる。

体に火がついてテンパッてる人がバタバタしながら走る如く、思わずケースとスコップをその場に置いてダッシュで逃げ帰った程の大群。

ハンディベープみたいなアイテムを装備して再度行くがあまり効果無し。

去年は散々山などを歩いたが、あんな大群には遭遇した事が無い。

大量発生及び、集中攻撃される条件が余程整っていたのだろうか?

ゾンビ映画の主人公が感じる恐怖と苛立たしさが少し理解できた。

続・幼虫BOX


先日ペットボトルを使ったカブ幼虫容器について書いたが、早くも考えを改めた。

大量の幼虫の為に、大量のペットボトルを加工しまくっていて気がついたが、ペットボトルも物によってかなり質が異なる。
硬くて厚みのあるタイプ、薄くて柔らかいタイプ…

先日書いたような、処理しなくてもそのままフタとして使えるのは、角が丸くなっているタイプに限るようだ。

角が鋭角の物はむりやり突っ込むと、どこかが凹んで隙間が出来てしまう。

そこで去年やったような熱湯による処理を施したのだが、これも厚みによって一瞬で縮む物と中々変化の見られない物がある。


幼虫BOXとして最も適しているのは角が丸いタイプ。
次点で角ばっていても薄いタイプ。
一番難しいのは角ばっていて厚みがある硬いタイプ。

炭酸飲料が入っているような完全な丸いタイプは試していないので不明。

専用はやはり専用だけある


大量の幼虫を養うため、虫専用マットではなく腐葉土を購入してみたのだが、不安に感じる点が二点あった。

一点目は専用土に比べてかなり目が粗い事。
葉っぱや枝そのものの形がかなり残っており、成長した幼虫はともかく、小さな幼虫には食べにくそうな感じがする。

幼虫からしてみれば、分解(消化)の手間が一段増える事になりそうで、確かに成長に違いが出る気はする。

子供の頃はもっぱら腐葉土で飼っていた記憶があるのだが、こんなにも違うものかと驚いた。
それに去年も初期は腐葉土を使った記憶があるが、こんなに荒くなかった気がする。
一口に腐葉土と言っても色々製品ごとに違うのかもしれない。


二点目、ビニールのカスなどゴミの混入があった。
落ち葉を掃いて集めたとしたら、あって自然なのかも知れないが、何となく気持ちが悪い。
特に手も加えず袋からザーッと出して使っていれば気がつかなかったり、気にならなかったかも知れないが、幼虫にはたっぷりの水分が必要と聞くので、まずバケツに出して加水し掻き混ぜていた時発見したため、ゴミを捏ねているようで嫌な気分になった。
犬の糞が混じってる可能性とか、色々と変な想像もしてしまった。


袋を開けてしまった分は仕方がないが、未開封分は返品する事にした。

近所のホームセンターでは専用マットは10リットルで800円くらい、腐葉土なら14リットルで350円くらいだった。

とりあえず1匹あたり2リットルくらい用意するとして、後40リットルくらい必要。

ネットで安いマットは無いかしばらく探してみたら、50リットルで送料込み1980円と言う物を発見。
http://item.rakuten.co.jp/kuwaten/kim50/

これなら10リットル400円で腐葉土より高いが、大分安く済む。
プロフィール

morning☆star

Author:morning☆star
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR