FC2ブログ

首相官邸前 原発抗議デモ


むちゃくちゃ人がいた。


内容は問わず、デモとか抗議集会と言う物、福島の以前は行ったことが無かった。
そこまで自分を動かす程の気持ちや関心を持つような事も無かったし、やってるのは"政治的"と言うか、偏った人達だと思っていた。


自分にとって、福島の事故のインパクトは非常に大きく、原発に初めてまともな関心を持った。
知れば知るほど組織や構造、システムの腐敗や不完全さが分かり、我慢ならなくなった。


牛乳とか和菓子とか、レストランとかの不祥事なら、TVの前で文句の一つでも言って、二度とその企業からは買わなければ良い。
「それでも買いたい人はご自由に」
そう言うセリフも言える。

けど、電気はそうはいかない。
節電してもゼロには出来ない為、電気会社に金を払い続けなくてはならない。

原発はブッ飛べば何百Kmと影響がある。
仮に住んでいる場所に直接影響がなくても、食べ物等の汚染、流通の問題も生じる。

関心を持って初めて知った事に、放射性廃棄物の問題もある。
何万年も猛毒を出し続ける廃棄物の最終処理方法はいまだ確立されていない。

後の世代に対して、とんでもない負の遺産を残す事になる。

「それでも買いたい人はご自由に」
とは言えない問題がある。


そんなこんなで、原発関連のデモ等には去年から何度か行ってきたが、今回はなかなか凄い盛り上がりだった。
自分が行った中では最も人が多かったように思う。


デモなどは実はチョイチョイ頻繁にあるものなのだが、大抵マスコミはスルーする。
しかし、流石に今回は10秒くらいニュースでやっていた。
ちなみにこの首相官邸前抗議も、毎週金曜日に行われている。


DSC02144.jpg

DSC02149.jpg

DSC02150.jpg

DSC02153.jpg

スポンサーサイト



コミpoによるデビルマン リメイク77

デビルマン06_007

「面白いじゃないの!やってやろうじゃないの!」
狂い咲きサンダーロードより。



妙なセリフ回しされると、大したシーンじゃなくても凄く記憶に焼き付いてしまう。

20年くらい前に見たビーバップハイスクールだかなんかの映画、スジも何も忘れたのに、ワンシーンだけ記憶に焼き付いている。
仲村トオル演じる、「トオル」が映画館から出てきた所を、待ち伏せしてた不良が言うセリフ。
「トーリュー↑、映画、面白きゃったきゃーん↑」
言い方が独特過ぎて吹いた。

トオルが普通のテンションで自然に答える所もまた奇妙だった。

コミpoによるデビルマン リメイク76

デビルマン06_006

再び短期労働



今日から、また新たな短期の派遣労働。


珍しく、都心ではなく地元の求人だったため、思わず飛びついた。

しかし、その後求人チラシ等で、場所や内容・期間から判断するに、同じ物と思われる案件が複数載っているのを目にする。

しかも、どこも自分の派遣会社よりも給料が高い。

見なきゃよかったかも…

一番高い所との差は30%にもなった。
5%、10%程度なら「しょうがない」と割り切れるが、30%となると正直心穏やかでいられない。
一応、派遣会社に問い合わせて見たが、やはり取り合ってくれず。
今後の勉強と、奮起の材料とするしかない。

こういう所が雇われる事の、嫌な面の一つ。


この差額から予想はしていたが、現場に行ってみれば、やはり少なくとも孫請けの仕事だった。



同じ派遣会社から来ていた人と、前職についてなどの話をする。

先日書いた、「東電のクレーム対応」と思われる仕事、やはり予想通り、東電で間違いなかった。
その人は、正にそれをやっていた。


この前どこかで見た、いまだに保護され甘い汁を吸える東電の状況に関するネタの掲示板で、大勢が怒りで盛り上がる中、「東電に入れた人は学生時代に努力したんだ。努力は裏切らない。悔しけりゃ入ってみろ」的な意見があった。


しかし逆に思うのは、本当に東電がこの先も安泰だと思っているのか?と。

努力は裏切らない…良い言葉だが、他の要素はどうだろうか?
怠慢は?
傲慢は?
驕りは?

クレーム対応も人任せにして、だから自らの置かれた状況を理解出来ていないのではないか。
それで済むとは思えない。
いずれツケを払うことになると、自分は思う。



コミpoによるデビルマン リメイク75

デビルマン06_005

コミpoによるデビルマン リメイク74

デビルマン06_004

コミpoによるデビルマン リメイク73

デビルマン06_003

コミpoによるデビルマン リメイク72

デビルマン06_002

型稽古のみでは足りない部分

バイクの運転を再開して考えたことシリーズ、武術編、つづき。
「ルールからは逃げられない。」


合気道は例外的流派もあるが、基本的に型稽古のみ行う。
中国武術も殆どそのようだ。

試合のような、自由に反応し、動く相手に対しての練習はしない。

その理由の一つは、自分が聞いた話では、試合と言っても殺しあう訳にはいかない為、ルールが必要になり、そうすると、普段の練習がルールに引っ張られ、やがてルールで禁止された事は考慮しなくなったり、悪い意味でスポーツ化(ゲーム化)してしまう事を懸念してとの事。

例えばサッカーだったらルールで禁止されている「手の使い方」は考慮をしなくても問題ないが、それが護身術や戦闘法だと言うならば、「ルールで禁止されている急所攻撃は考慮しなくてもいい」とは言えない。


人間が、如何にルールに引っ張られるものか。
例えば剣道。
あの動き、竹刀ではなく重い真剣で、"叩く"のではなく"斬ろう"とし、足なども狙って良いとしたら、全然違うものになるのではないだろうか。
良い悪い、強い弱いは別にして、既に刀を使った剣術とは別物となっているだろうという事。
(余談だが、今の日本では、刀を使うわけにはいかないが、棒はどこにでもあり、殺さないで済む剣道は、合理的で実用的だと思う。)



では試合を排し、型稽古だけなら?
実際には…
型稽古の型は、見方を変えれば、ガチガチのルールとも言える。
「相手が真っ直ぐ右ストレートを打ってきたら、左にかわし…」のように、打ち方の向きや軌道まで限定されている。

型にない状況は個々が想像し、己の機転で応用するしかない。

けど、大概の人間、そんなに想像力があって、機転が利くものだろうか?


自分自身、そういった事を始めた当初から、スポーツというより武術志向で取り組んでいたが、それでも他流を経験する度、知らない技にはまんまとハマったり、してやられて来た。
普通の人間、案外たいして想像力の範囲は広くない。



また逆に、現実は、ノールールの殺し合い、戦争だとしても、大きな意味で考えると、やっぱりルールが存在する。
例えば集団戦であれば、リーダーを失った群れは烏合の衆になるとか、人間の心理や習性、行動パターン等の、要はルールがある。
武術、戦闘法、兵法であれば、そういうルールのコントロールも重要な要素と思う。
そして、そういうパターンを上手く突く術を、戦術と言うのではないだろうか。


そんな戦術の一つの要素で、大変面白いものでもある誘導や囮の技術。

合気道でも誘導とか囮の考え方を教わった事はある。

しかし、この誘導や囮の感覚を型稽古のみで養うのは大変難しいと思う。
なぜなら誘導や囮で実現したい事は「自由に動ける相手の自由を制限する」事。
選択権を持つ相手に、こちらの望んだカードを取らせる事。
型稽古にはそう言う要素は無いように思う。

コミpoによるデビルマン リメイク71

デビルマン_032

コミpoによるデビルマン リメイク70

デビルマン_031

武術訓練としての自動車運転

バイクの運転を再開して考えたことシリーズ


車、バイクの運転は武術の訓練になると思う。
特に、バイクは生身をさらけ出し、より死に近い分、真剣味が高まり、効果的に思う。



合気道で重視する概念。
合気道でも流派によっては扱わず、まして他の武道、特に近代格闘技では考慮されることは殆ど無い。

受動的な使い方と、能動的な使い方で意味が違ってくるが、運転で主に鍛えられるのは、受動的な方。
相手の氣を感じる事。

具体的には、「あの車は何か危ない感じがする。注意しよう。」といった直感。
理屈で導いた結論ではなく、「勘」のようなもの。

「危ない」といった大雑把な感じだけでなく、「あのドライバーは道に迷っている。」「あの車は速く行きたがっている。」など具体性をもって感じる事もある。

これを意識し、感じようとアンテナを張る。
受動的な使い方とは言うものの、積極的に受け取ろうという能動性がむしろ必要。
来るのを待つというより、受け取りに行く感じ。
見えない触手を伸ばして触れに行く感じ。



間合い、ポジション取り
間合いとは、距離の概念。
「射程距離」が意味としては近いと思う。
相手が自分の間合いに入っているならば、自分の攻撃を出せる(当てられる)と言う事。
逆に相手の間合いに入ってしまっているならば、相手の攻撃を喰らう危険性があると言う事。

車で言えば、車間距離。

スピードや状況によってこの距離は変わってくる。

刻々と変わるこの距離を読んで位置取りをする事は良い練習になると思う。

「急に」「予想外の」動きをされた時、運に頼らず避けられないならば、それは距離が間違っていると言うこと。
自分のせいだろうが相手のせいだろうが「危ない!」と思う度に、反省し、学習すると、武術の上達にもつながると思う。


また、車にはミラーにも映らず、目視も出来ない角度、死角がある。

距離を保つだけでなく、こういった死角に極力入らないよう角度に気をつける事も間合いを意識する訓練になる。


相手の死角に入ってしまう事で、「急な」「予想外な」動きを招く事になる。
そのため相手の車の死角に自分が今入っていると思ったら、速度を上げるか落とすかして相手の視界に入るように位置取りする。


位置取りは他にも色々な場面で使う。
例えば、代表的な場面として、「左(右)折時の幅寄せ」
左折する前に、車体を左に寄せておいて、左の隙間を殺し、逆に右を空ける事。
教習所で習う基本なのに、実際はほとんどやってる人を見かけないが…

その動きの意味は、バイクや自転車など、小型の車両を隙間に入らせないように穴を塞ぎ、同時に直進の後続車が自分を避けやすくする為。

「左折時の巻き込み」は良く人が死ぬ原因の一つとの事。
実際自分の場合、高校の時、同級生がこれで死んでいる。
その為、他人よりも強烈に印象に残っているのだろう。


このような、位置を占拠する事によって、相手の動きを制限したり、誘導する事は武術に通じる。
「自分がその位置にいたら、相手はどう動くだろうか?("動きたい"だろうか)」と考えた上で意識的に位置を取ってみる。
パズル、将棋の様な要素で、面白がれる人は面白いと思う。



自分は立ち技の打撃は素人同然なので、何とも言えないが、少なくとも寝技はそう言った要素が強く、将棋等にも良く似ていると思っている。
例えば最終的に首や関節を狙う為に、まずは有利な位置を取る。
相手の逃げ道を塞いで、相手の出せる手数を減らし、自分に都合の良い手を誘導する。
そうして一手一手詰めていく。
射程距離(王手)に入ってもまだ焦らない。
最後の一手を防御をされないためにあえて別の攻撃をしかけ、ワザとそれを防御させる。
そうして出来た隙をつく…


技術的には運転と武術は違っても、相手がどうしたいか想像する事、相手の今出せる手は何かと考える事、それが自分のアクションによってどう変わるのかシミュレーションする事。
そう言う頭の使い方は、共通すると感じている。




-武道必修化について-

武術や武道も、ただ体を動かすのではなく、このように他の事との共通点を探して考えると、色々な事に通じると気がつく。

頭の体操的な事になったり、運転など命が関わる事の安全性を高めたり、対人関係の向上に役立ったり、教育になることは色々とある。

しかし…
武道必修化と言うけど、「○を育成するため」と言った具体的な目標、ねらいが良く分からない。
上記のような事を学んで欲しかったのか?
それとも全く違うイメージがあるのか?

言い出した人らは、そう言った効果を知って、考えて、言っているのか?
安倍晋三元首相辺りが言い出したと聞いたのだが、簡単に調べた限りでは、肝心の安倍晋三が何か武道をやっていた様子も無い…

上記のような事をねらいにするならば、大事なのは考えること、想像すること、感じること。
何も考えずに漫然と体を動かすだけなら、他のスポーツとは別にあえてやる必要もない。




コミpoによるデビルマン リメイク69

デビルマン_030

車を見たら猛獣みたいなモノと思え

本日も保存画像から車関連ネタをピックアップ




これほどで無くてもケータイ、オーディオ、カーナビ、エアコン、色々気を散らす物はある。
TVつけてる人も見かける。

自分も、他人も、基本的に人間と言うものは、間抜けな生き物と認識しておいた方が良いと思う。

コミpoによるデビルマン リメイク68

デビルマン_029

人生初の痛恨のミス

便器に財布を落とした。

「携帯をトイレに落とした」とか人の話は聞いたことはあったが、今までその手のミスはした事が無かった。

した事が無いと言うのは、たまたまでは無く、それを恐れ気をつけていたからと言う面も強い。

しかしついにやってしまった。
今日は風邪の為、鼻水が出るので、財布と同じポケットにティッシュを入れていたので滑りやすくなっていたのかも。

トイレの個室でつい「あぁっ...!」と声を出してしまった。

しかしいざ恐れていた状況になると案外冷静で、ネガティブに落ち込むよりも早く、瞬間的に「早く取るほど浸水被害が少ない」と判断。
サッと手が出た。

ボクサーが言う「相手の動きがスローに見えた」的な話があるが、人間、危機的状況時は脳のクロック数が上がる気がする。

落ちる前にそれが発動してキャッチ出来れば良かったのだが...

笑いと恐怖は紙一重

本日は風邪っぽいので早く寝る事にする。
ちょっと働くとすぐコレだ...
よっぽど働くのがキライなのか。
働かざること猫のごとし。
猫のヒロシでは無い。

という事で、昨日のネタつながりな画像でお茶を濁す。

面白がって保存した画像だが、昨日のネタと合わせて考えるとシャレになってない。


老人が増えまくる今後はマジでシャレにならない問題となって来るだろう。

バイクの運転を再開して、色々考えたこと 2

皆、運転は命がけって分かってる? 四輪車編



人間に時速数十Km以上のスピードで何トンと言う鉄の塊がぶつかったらどうなるか。

例えばボブサップの体重が160Kg位だったと思う。
ボブサップのスピードは不明だが、とりあえず人間で一番速い人、ウサイン・ボルトの速さを時速にすると、38kmくらいらしい。

車はその重さも速さも軽く上回る。
つまりボブサップの全力タックルの何倍もの威力が簡単に出せる道具だと言う事。
人間が生身で出せる攻撃力など圧倒する。


痛そうな漫画、はじめの一歩の画像。

e0131985_750163.jpg

漫画の大げさな表現だと言えばそれまでだが、例えば、こんな攻撃よりもずっと強い威力をあっさり出せる。



車の運転者からすると時速38kmは、かなり遅いと感じると思う。
しかし上記の様に、人間の能力に例えると、どんな速さか具体的に分かると思う。



もちろんバイク乗りも、よく意識すべき事だが、バイク+ライダーでも重さ的にはボブサップ程度なのに対し、車は軽自動車でも1トン近くある。
動物に例えたら、ヒグマや牛よりも重い。
熊に叩かれたり、暴れ牛に体当たりされるより威力がある。


また、体感スピードもフロントガラスと鉄のドア、屋根でバッチリ囲まれた車の方が、バイクよりも感じ難いと思う。
実際、自分は明らかにそう感じる。

四輪車だと、風圧も感じない、風切り音等も聞こえにくい、地面の凹凸、エンジンの回転も伝わり難く、スピードメータを意識して見ていないと、ついついスピードが上がってしまう。


要するにかなり危ない道具なのに、その危なさを感じ難い道具。
免許が簡単に取れ、誰でも当たり前のように持っおり、そこら中に存在しているのも、軽く考えてしまう原因と思う。


どれだけの人が、そう言う危険性を意識して運転しているか?
狭い、どこから飛び出しがあるか分からない道でビュンビュン飛ばしたり、車間距離をやたら詰めたり、相手がブレーキしなければぶつかるようなタイミング、位置にスッと入ったり…
そんな人らを見ると、とても意識しているとは思えない。
相手がド下手だったり、バカだったり、注意力が低かったら…
道路の秩序はかなり"運"によって成り立っている所があると思う。



また、昔、交通誘導のバイトをした時は、「邪魔だ」と怒鳴りながらアクセルを踏まれ、避けなければ轢かれていたなんて事もあった。

「ハンドルを持つと人が変わる」なんて話もあるが、実際、車に乗ると脳内でアドレナリンが出るらしく、興奮したり、攻撃的になるものらしい。
それも意識すべき事だと思う。
カッとなっても、「今、アドレナリンが出てるせいだ」と心を落ち着けるられるように。


ただ、本当は、免許交付をもっと厳しくした方が良いと思う。
技能や交通ルールのテストだけでなく、心理テスト合格も交付条件にする。
例えばアドレナリンが出ている状況で、感情を抑えられるかどうか。
何なら人工的にアドレナリンを投与した上でテストするとか。


まあ、政治的な力も絡み、無理な話だろう。
エコカー補助金だなんだと優遇される自動車産業。

先日、東電が、販売量4割に過ぎない個人への販売で利益9割を出していたと言う話があったが、その企業に対する優遇ぶりにも自動車産業が絡んでいるのでは無いかと、自分は想像している。
自動車産業の政治力も強大なものだと感じている。


せめて、とっとと自動運転システムを搭載して、人間が運転しないようになって欲しい。


バイクの運転を再開して、色々考えたこと 1

歳とともに車やバイクを運転することに疲れとか、精神的な重み、煩わしさを感じるようになって、しばらく運転から遠ざかっていたが、最近貧乏なので、節約の為、電車を使わずバイクで移動することが多い。

特に所持バイクが燃費の王様、スーパーカブであるため、電車の1/10くらいのコストで移動できるので、コスト的には強い味方。


そんな今日この頃、気になったことや、考えたこと。
色々考えたので、とりあえず今後書いとこうと思ってる目次的な見出しと、本日は、その1番目について。


1.皆、運転は命がけって分かってる?

2.氣、動体予測、間合いコントロール等、武術訓練としての運転

 2-1.武道必修化って言うけど

 2-2.型稽古のみでは足りない部分

3.ルールについて。法定速度で走ってる人のほうが少数と言う事実について



では、1について。

wikiによると、交通事故死者数は年間4千人以上。
ただそれは事故後24時間以内の死者で、事故後1年以内でくくると1万人近い様子。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%A4%E9%80%9A%E4%BA%8B%E6%95%85#.E4.BA.A4.E9.80.9A.E4.BA.8B.E6.95.85.E6.AD.BB.E4.BA.A1.E8.80.85

今の日本でこれだけ死ぬ事ってそうそうない。
東日本大震災ですら死者、行方不明者合わせて2万人くらい。

自分は危険厨気味な所があり、多分、ちょっとオカシイと思う。
もっとも武術愛好者は大体そうだと思うが。
今の日本では戦う場面はほぼ無いのに、そんな事に一生懸命時間と労力を費やして喜んでいる人種。
確率が低い危険が、もし起きたら、その時どうする?
そんな事ばかり考えてる人と言えるかも。

だから、バイクに乗る時も、転んだ時の事、撥ねられた時の事、当然想定している。
よって、ダメージ軽減のため、夏でも長袖長ズボンに手袋着用。
半キャップヘルメットなど理解不能。

その辺りの事を、バイク乗りに関して言えば、半キャップヘルメット(しかもアゴ紐締めず)、サンダル、素手、ハーフパンツ…
そんな人も結構見かける。
同じような格好の彼女後ろに乗せてたり。

転んだ時の事、考えてるのか?
彼女が顔から転んで醜くなって、どう償うのか、相手の親に何て言うのか、付き合い続けられるのか?


多分、そんな事、考えてないのでしょう。
それか、「自分だけは転ばない、事故らない」と思っているか。
仮に事故を想定した上で「俺は死んでも構わん、怪我しても構わん」と思っていたとしても、接触事故を想定し、車側の立場で見たら、「構わん」では済まない訳で、迷惑ですらある。
軽症で済んだレベルが、軽装備だった為に重症だったり、後遺症だったり死だったりになるかもしれず、その罪を被る加害者の立場からしたら、たまったもんじゃなかろう。


他、車編もあるが、今日はここまで。



オマケに原発についても一点。

大飯原発を再稼働するとの事。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0803W_Y2A600C1MM8000/
色々気に食わないがとりあえず一点、今日の自動車の運転に関する上記内容同様「事故った時の事考えてる?」
結局あれから1年以上経ったけど、次に事故ったら何kmまで立ち入り禁止にするのか、何万と言う人の避難はどういう手順で、何処へするのか?どこからどこまで、誰が、いくらまで、どうやって、いつ保証するのか?
また電力会社を税金で助けるのか?それで結局電気料金もさらに上がるのか?
そんな話は全然聞かねえな。
ひょっとして、全然考えてないのでは?
「確率が低い。事故なんて起きる訳ない。」
それじゃ福島前と同じだよ。

野田が「私が責任持つ」とか言っても、「具体的にはどうやって?」と疑問がわく。
ハッキリ言って一個人に責任なんて取れるレベルじゃない。
ポケットマネー何兆円も持ってるのか?
それとも死んでお詫びするのか?
でも、死んでもらっても住めなくなった土地は元に戻らない。

嫌な仕事は底辺奴隷に

2週間ほど短期の派遣で労働している。

昼休憩時、人の会話が耳に入ってきた。
「派遣会社から"大手エネルギー会社での電話対応"の仕事紹介されたけど、これって東電のクレーム対応だよね...」

ネットで調べたら、確かにそんな求人があった。
(求人をクローズしたらしい今はページがなくなっていたが)

原発の作業も最前線の現場作業員は下請け(5次や6次下請け当たり前らしい)で、嫌な仕事、危険な仕事は結局奴隷のような他人にやらせ、危険性やキツさ風当たりを身を持って知ることも無く、ボーナス云々言っている。

クレーム電話入れる方も、「東電に文句言ってやった」なんて思わされて、実は電話の向こうは孫請け以下の派遣。

実際のところ、本物の社員はどんな仕事してるのだろう。

AKB選挙の様なものに何百万もぶっこむのも日本の伝統だった

昨日、日テレの番組「タイムワープ旅行社」というのを見た。

未来の旅行会社が、客をタイムスリップで江戸時代に連れて行くと言う設定。

とりあえず、NHKのタイムスクープハンターの丸パクリじゃねーかと思った。
ドラゴンボールのスカウター的な演出でピピーと解説データが出るあたりもそっくり。

でも、まあ面白かった。


その番組の中で吉原の話があった。
江戸時代、吉原では少なくとも3回くらいは通わないと床を共に出来なかったそうな。
一回目はお話するだけ、二回目はなんだっけ?
とにかく床を共にするまでに、今の金額にして100万くらい使わないとならなかったそうな。

参考:吉原史
http://www.tanken.com/yosiwara.html


そして、今朝、携帯で痛いニュースを見ていたら、AKBの選挙で一人で200万くらい使った奴がいたと話題になっていた。
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1715854.html

以前のakb選挙でもそんな話は聞いた。

人の好き好きではあるが、正直狂ってるとは感じていた。

しかし、その吉原の話を知って、同じような物かと思うと、急に違和感を感じなくなった。

どうせ関連グループいっぱいあるんだし、YFJ18とか作って同じようにしたら儲かるんじゃないのかと思った。
床を共に出来るアイドルとか言って。



ついでの情報、同じ番組で、「江戸時代のakb」として扱っていたネタに、江戸時代のお茶屋の看板娘の話もあった。
お茶屋は客を呼ぶために可愛い看板娘をスカウトして、ブロマイド(浮世絵)も売ってたらしい。
変わらないなー、日本人。

コミpoによるデビルマン リメイク67

今日は一コマのみ。
デビルマン_029

コミpoによるデビルマン リメイク66


デビルマン_028

鳥の次に犬もって事なんだけど、これだと鳥が犬にすり変わったみたいかも…と画を作ってアップロードしてから反省。

コミpoによるデビルマン リメイク65

今日は途中まで。

デビルマン_028

コミpoによるデビルマン リメイク64

なるたるのラストとか、最大竜骸の二人とかも考えてみたら、デビルマンぽいな。

デビルマン_027

生活に役立つ豆知識 「紙の枚数を量る」



収入補助にチラシのポスト投函をしている。


1枚いくらの出来高制の為、何枚やったのか数えなくてはならない。

かと言って、数えながら配ると、きっちょむさんの昔話か落語かなにかである、お使いを頼まれて「大根、大根、大根…、おっと危ない!どっこいしょ!…どっこいしょ、どっこいしょ、どっこいしょ…あれ?何買うんだっけ?」状態になりかねない。

セオリーとしては、配りに行く前に予め、50枚等小分けにしてまとめておいて、何山やったかで数える。

しかし、何百枚を一々数えるのは大変。

それだけで時間を食ってしまう。


そこで思いついたのは、キッチン量りで、重さを量る方法。

チラシも案外重さがあって、A4のチラシで1枚4gもあった。

1g単位で量れるハカリなら正確に量れる。
1回だけ50枚などの山を作ったら、後はだいたい同じ高さにして、量っていけば効率良く山を作れる。

コミpoによるデビルマン リメイク63

デビルマン_026

コミpoによるデビルマン リメイク62

デビルマン_025
プロフィール

morning☆star

Author:morning☆star
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR