FC2ブログ

変わらぬ常識だと思っていたことが、いつの間にか変化してた事「バーブレスフック」

変化の激しいジャンル、身近なジャンルだと、変化の過程を意識出来るので、凄い変化があってもそれ程驚かない。

例えば携帯。
15年前はまだまだ普及もしていなかった。
それが10年前はもう、誰もが持っていた。
だけど、まだカメラすら付いてない機種も珍しく無かったと思う。
ワンセグだのお財布だの当然無かったと思う。
5年前だとスマホなんて全然無かった。

数年、発展途上国行ってて、帰ってきた人などビックリするんじゃないだろうか。

だけど、これだけ激しく変化してる事でも、その日常の中にいると、「ああ、思い返してみればスゲーよな」と言うくらいで、日々驚いたり新鮮に感じることはあまり無い。



何となく、久しぶりに釣りに興味が湧いて、近場の釣りポイントを検索していて、今日初めて知った事があった。
釣り関係のページで「バーブレスフック」と言う単語がポンポン使われていた。

バーブレスフックとは、"返し"の無い釣り針の事。

釣り針なんて、原始時代から"返し"があって当たり前の物だと思っていた。

それが、いつの間にか、バーブレスフック使用が推奨される様になっていたようだ。
結構驚き、新鮮な気がした。

推奨される理由は、返しの目的そのもの、「刺さったら抜けない」のネガティブな面。
誤って人に刺さった場合も、当然抜けない。


刺さったらどうなるか?どうやって解決するのか?
閲覧注意の見るだけで痛いページ
http://www.geocities.jp/funkyoyaji5/hari.html

そう、自ら貫通させて返しを破壊する必要がある。


また、スポーツフィッシングだと、釣った後に逃すわけだが、返しがあると、魚の傷が無駄に大きくなり、逃がしてもそれが原因で死んだりするとの事。

それで、ここ最近、急速にそう言った概念、道具が広まっている模様。
http://npo-barblesshook.com/


カツオの一本釣り等は、バンバン釣るので外す手間を省略する為、元々返しが無いそうで、同様に、他の釣りでもコツを掴むと返しが無くてもあまり釣果に差がないとの事。

バーブレスフック。
これは個人的に本日のトリビアだった。



他、複雑な気持ちになったのは、地元近くの釣り場でも、魚から放射性物質が検出されていた事。
http://www.geocities.jp/ongata_masu/
ヤマメから微量だが検出されたようだ。
「暫定規制値100ベクレルを下回っております。」と言われても、やっぱりそれを進んで食べようとは思えない。

ここは東京でも西の県境に近い方。
もうすぐ山梨とか、神奈川と言う場所。
福島からこれだけ離れていても影響がある…

これぐらいの距離とは他で言うとどれくらいか。
例えば今話題の大飯原発がもしブッ飛んだら?

西は島根、広島辺り、四国は香川と徳島、南は和歌山までバッチリ入る。
東は…
これも我が地元辺りまで…



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

morning☆star

Author:morning☆star
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR