FC2ブログ

パワーこそ力だ


今日は、オリンピックの重量挙げを見て感心していた。

八木かなえの魅力はギャル曽根の魅力と似ているかもしれない。
見た目とやることのギャップ、他の連中が必死の形相でやっているのに笑顔とか。



重量挙げは単純な筋力と言うより結構テクニックの要素が大きそうだが、武道や武術をやっている人で、特に技重視派の人は力を軽く見る傾向がある。

合気道も典型的にそう。
中国拳法の多くや少林寺拳法、空手も古流の人等にはそういった人が多い。
中には軽く見るどころか嫌悪する人もいる。

「ボディビルダーの筋肉は見せかけだ」なんてセリフを聞いたこともある。

知り合いにボディビルダーがいないので、実際の所は分からないが、自分はボディビルダーも武術的な意味でも侮れない、恐るべしと思っている。


そう思うようになったキッカケは、50kgや60kgという"ダンベル"が存在するという事を知った事。
http://www.garitto.com/product/15707845

もしかすると、もっと重い物もあるのかもしれない。

バーベルではなくダンベルなので、片手で挙げるのだろう。
実際以前トレーニング器具のカタログで、50kgダンベルを片手で上げているビルダーの写真は見たことがある。

そこまで出来れば投げ技もクソもない、例えば襟首掴まれたら、小柄な者など片手で浮かせられてしまう。
両手を使えば空き缶でも捨てるように放られるのではないか。

もっとも、カチッと形の固まった物体より、人体の様な柔らかい物の方が、持ち上げるのは難しいと思う。
重心が移動するから。

さらに投げ技、崩し技等の攻防では、重心を逃したり捕まえたりと言った部分があるため、単なるその重さのオモリの様には挙げられない。
そう言う、力を逃したり殺す技もある為、「力が全て」とは思わないが。

しかし、そう言う人が片手で60kgの物を持ち上げる事ができるのは事実。
甘く見ないほうが良いだろう。

さらに武術的な事を言えば、そう言うパワーを持った人間ならば、その辺にある自転車やバイク等ポンポン放って攻撃する等という事も出来るかもしれない。
マンホールの蓋とか、正月なら門松とか。

恐るべし。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

morning☆star

Author:morning☆star
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR