FC2ブログ


職業訓練施設にて、今日はメイン先生が休みで、フリーダムな雰囲気だった。

ふとクラスメイトの一人が、"何かくれそうな感じ"がして、心の中で「何かもらえるんですか?なんちゃって…」

とか思っていたら、次の瞬間、「今日はフリーダムだから」と言って皆にお菓子を配り始めた。


こう言った気配の察知は合気道を習ってから、何度も経験している。


何を感じているのか?

SF格闘漫画「銃夢 ラストオーダー」では「脳内パルスを感じて先を読む」と言った描写があった。


理屈は分からないが、合気道をやると、こう言った気配に敏感になる。


ただ、時に不安になるのは、逆に、自分からも何か出ているだろうと言うこと。

好意的な気配ならばむしろ伝わっても良いが、好きじゃない相手に感じる軽蔑とか、嫉妬とか、不信とかそう言った負の感情を抱く時。


経験的に、大体、そう言う感情は相手に伝わってしまうという事は何となく分かっている人も多いと思う。

しかし、氣を鋭敏にする訓練を積んでしまったが故に、そういう気配の出力も普通の人より鋭いのではないか?


これも経験があり、相手に怒りを感じて、文句を言わねばと思っていたら、相手から謝って来たなどが何度かある。


「俺は格闘技やってるんだ」なんて言って肩で風切って歩くような様は自分は嫌いで、恥ずかしい事だと思っている。

同様に、そう言った鋭い氣で人に恐怖を与えたりするのも恥ずかしいし、嫌だ。

嫉妬などの氣を相手に突き刺してしまった後は自己嫌悪に陥る。


合気道では、心を乱されない方法、落ち着ける方法などは習ったが、氣の出力を抑えるといった観点から教わった事は無い。

習っていた先生も出来ないと思われる。

(先生がうろたえた時、イラッと来た時など察知が出来たため。)


これは今後も研究課題だ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

morning☆star

Author:morning☆star
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR