FC2ブログ

ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち


ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち
http://pina.gaga.ne.jp/top.html
を、3Dで見た。

ピナ・バウシュと言う2009年に亡くなったドイツの舞踏家が率いる舞踏団の、身体表現芸術映画。
ストーリーなどは無く、始終サイトで見られる動画の様な感じ。


時に中国拳法の演武を見ているような感じも受け、武術とダンスの近さを改めて感じた。
極真空手の大山倍達は弟子に「ダンサーとは喧嘩するな」と言ったとか。


特に興味深かったのは、単独の動きではなく、人との組み合わせにより表現される面白さ。
例えば女性の後ろに男性が隠れて、逞しい腕だけを出し、それに合わせて女性は力を込めたような表情をする。



「芸術」という風にかしこまらず、「面白い表現をしよう」と言うエンターテナー精神を感じた。


日本のバティックと言う舞踏団が好きで、何度か公演を見に行っているが、似た表現だなと思った動きが結構あった。
影響を受けているとか、ジャンルが近いとか、もしかすると芸の系譜につながりがあるとかかも知れないが、エンターテナー的に考えると、オリジナリティーを求めて新しい動き、表現、売りを編み出していかなければならない苦労等も感じた。
例えば前記の男女の腕芸(考えてみると二人羽織みたいなものか)も、この後誰かがやってもパクリっぽくなってしまうし、「芸」と考えると、一発芸とも言える。

何百年も芸が変わってなさそうな猿回しだとかも、やはり今の時代はそれなりにバージョンアップを求められたりしているのだろうか。
情報の流れが早く、刺激の多い時代の苦労。
そんな事も考えた。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

morning☆star

Author:morning☆star
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR